MENU
  • Home
  • 看板部門
  • 電飾行灯
  • 建植看板
  • 外照式看板(スポットライト)
  • その他看板
  • 看板シート宅配
  • セレモニーパネルフレックス
  • 広告塗装部門
  • 外壁フォト広告
  • 建築塗装部門
  • 建築塗装塗替え工事
  • 店舗改装
  • プラント塗装工事
  • 公共工事
  • ペイントプランニングサービス
  • 診断見積もり・シミュレーション
  • ご案内ご案内
  • 足場代還元キャンペーン
  • 良くあるご質問
  • 会社概要
  • 会社概要
  • アクセス
  • ご挨拶

最新のブログ記事

対応地域 通販商品 看板宅配、セレモニーパネルフレックスは、全国にお届け。
施工対応地域

富士宮、富士、芝川、蒲原、由比、清水、沼津、三島、御殿場 (静岡県内の指定地域)


一般建築、店舗、工場、会社、プラント、飲食店、病院、その他様々な業種に対応致します。

対応業種

Home > 広告塗装部門 >外壁フォト広告 HTフレックスペイント™

壁面フォト広告 HTフレックスペイント

外壁を低コストで写真広告に。
壁の形状を選ばない単色網点工法で、美しく短納期。

壁面を、写真利用の広告エリアに有効活用
看板・サイン・一般建築塗装塗替えのお見積り・ご相談無料!今すぐお問い合せ!

HTフレックスペイント™の特徴

特許技術で、手軽に早く美しい壁面広告

従来では、これまでの壁面への写真画像展開は、制限が多く時間がかかり、職人の極めて大変でした。そのため、せっかくの広い壁面も有効活用できないことが多かったのが現状です。新しい技術を用いたHTフレックスペイントなら、これらの困難を克服。どのような壁面にも、高クオリティの写真広告を展開できます。

手がる! 塩ビフィルムより処理が簡易。 壁の形状を選ばない
早い!   下書き工程なし ・ 単色均一ペイントのシンプル工程
美しい! 写真画像からの加工で技術均一・高クオリティ

特許取得 特許第5512024号

環境にやさしい壁面塗装

HTフレックスペイント™なら、壁面を何度でも変更できます!

建物の壁面等に写真やイラストを掲げるこれまでの工法では、塩ビフィルムにプリントをしてから躯体に直接貼付けたり、躯体面の形状により、アルミ樹脂板に取付けたりする方法がとられてきました。これら従来の方法では紫外線によって褪色したり、フイルムの劣化が避けられず、漏水の防水処理やUV加工が必要であり、特に外したあとの復旧が難しいという難点と、廃棄物としての処理も必用でした。

新しいHTフレックスペイント™は、塗りつぶすことにより壁面を何度でも変更でき、廃棄物とならないため環境に優しいペイント工法となっています。

凹凸がある壁や面へも展開可能

これまで活用が困難だった場所にも!

外壁・塀・屋根・駐車場・歩道の床面・タンクなど、直接施工(下地塗装が必用な場合が有ります)することができ、躯体の大きさには制限はなく、連続した均一の描画が可能です。どんな色にでも描画ができるため、周辺環境に配慮した色を選択できることも利点です。(自家広告の範囲に準じます)

工業用品全般にも施工が認められ、車両・バス・大型トラックのコンテナ・公共施設では、学校施設・橋梁・防音壁・公園施設・等・様々な用途が見込めます。

コストパフォーマンスも!

コストは建築用高耐久性塗料によりコストパフォーマンスに優れ、店鋪塗装の塗替えにはオリジナルの塗装仕上げとなります。

企業様
ビルオーナー様
地方自治体様 民間の企業社屋や工場、ビル、駐車場
自治体の公共建物、道路の防音壁、歩道、橋梁、防波堤
駐車場、歩道橋などの壁面

壁面がフォト広告になるまでの手順

「HTフレックスペイント」は、写真やイラスト等の画像をデジタル化し、それをマスキングシートに加工して壁面への塗装を行い、 仕上げ作業を施して完成となります。

1. 元写真の準備
外壁フォト広告 HTフレックスペイント
2. 調整
外壁フォト広告 HTフレックスペイント
3. フィルム貼り付け
外壁フォト広告 HTフレックスペイント
4. 貼り付け完了
外壁フォト広告 HTフレックスペイント
5. 塗装・剥がし
外壁フォト広告 HTフレックスペイント
6. 仕上げ
外壁フォト広告 HTフレックスペイント
7. 完成
外壁フォト広告 HTフレックスペイント

手軽に壁面広告

アイディア次第で、活用が広がります

HTフレックスペイントならではの手軽さで、さまざまなアイディアを展開することができます。壁面オーナー様はもちろん、広告代理店様、企業の広報ご担当者様など、ぜひお気軽にお問い合わせください。

広告代理店様も
ぜひ
お問い合わせください! 工場街をアートギャラリーに!
写真コンテストやフォトグランプリ発表の場に!
企業のCSR広報の場に!

HTフレックスペイントの概要

特許取得 2014年4月4日 特許5512024号 
発明の名称 カッティングシート作成方法及び描画方法
登録商標の取得 『HTフレックスペイントTM』
特許権者 有限会社 岳南塗装デザイン 稲葉 正信 
主な用途 ・建築物のオリジナル塗装仕上げ方法として、建築関係に活用
・屋外広告物として店鋪の壁面 屋根 シャッター等
・駐車場等 歩道床面への描画

映画館の全盛時代。おやじさんは絵が得意で 清水の看板屋さんで、住込みでお世話になってから、地元中央町で、看板と塗装の岳南塗装を立ち上げ、ひげのおじいちゃんが営業をして、お得意さんの近隣の映画館から、営業を始めました。

その頃は、看板屋さんと塗装屋さんは一緒の種職で、看板を書替えるには先に塗装をしてから、羽目に文字や絵を描くのも塗装をして乾いたら、同じ職人が筆で書きます。大きなコンパスにチョークをつけてチョンチョンと割り振り文字は周りだけ親方が書いて、見習いが中を塗って仕上げます。

書体は、楷書・行書・丸ゴシック・角ゴシック・勘亭流・デザイン文字など、全てフリーハンド・下書き無しの一発勝負!自転車の文字書から車のボデー文字羽目文字表札から賞状仏壇屋さんから、頼まれた戒名までなんでも書きました。 その頃は、よく学生さん達、近所のおじさんが寄って見物してましたね。映画の看板を所狭しとて買いて、リヤカーで有楽座や東映劇場に取り付けに行っては、映画をタダで見てました。

そんな時代おやじさんと一緒に書いていた時代も有りましたが、おやじさんが早く亡くなり、25歳で代を継いだ時は大変で、楷書とか隷書なんか書いていませんゴシックは書いていましたが、時間がかかって商売になりませんでした。

その後コンピュターの時代が訪れ、早い時代にコンピュターカッティングシステムを導入してから、アップルのマックによる塗装シミュレーションや、看板のデザインを得意とした㈲岳南塗装デザインを立ち上げました。

マックがモニター付で、150万円以上アドビのフォットショップが30万円ほど、エクセルはマックユーザーの為の初の会計ソフトの時代でした。 現在のパソコンのスペックは素晴らしい物になりましたが、ハードとソフトがあれば誰でも出来る職種になるにつれ、時代を振り返り、塗装で描くことで書いた看板はどうだろう...、筆で書いた時代の様に塗装でもう一度できないか...の観点から、HTフレックスペイントの開発を致しました。

良き時代の事が忘れずに、筆で書いた時代の迫力のある絵ができたらなと。

イメージは、1960年代の映画の看板を書いていたおやじさんのかっこよさを忘れずに・・・


看板・サイン・一般建築塗装塗替えのお見積り・ご相談無料!今すぐお問い合せ!

page top